社員メッセージ

入社の決め手

僕がブライトキャストに入社したのは高校を卒業してしばらく経ってからでした。高校の専攻は全く違いましたが、元々パソコンを触るのが好きだった僕は卒業後、情報系の勉強を行い基本的なスキルを身に付けた後、それを活かせるような会社を探していました。そこで出会ったのがブライトキャストです。数ある会社の中でここに決めた一番の理由は“会社の雰囲気”でした。特に印象に残っているのは社長が年齢分け隔てなく楽しそうに社員と話している姿で、そのアットホームな雰囲気にすごく好感を持ちました。また、身に付けた情報系の技術が直接活かせるような仕事もできるという点も決め手の1つでした。

今の仕事は?

今、僕が携わっているのは駅務のシステム開発・管理の仕事です。駅務というと幅広いですが、分かりやすいところで言うと切符の券売機や改札機のシステムです。例えば300円以上の切符を入れないと通れない改札にそれ以下の金額の切符を入れると通過できなくなるシステムがしっかり機能するのかなど、そういった様々なシステムに携わっています。配属になってすぐはマンツーマンで先輩社員から業務を教わっていましたが、最近では1人で任せてもらえる案件も増えてきて、徐々に仕事に対するやりがいや、楽しさも実感できるようになってきました。人間関係も非常に良好で同じブライトキャストの社員も近い距離で働いているので分からない事があればすぐに聞きに行ける環境がありますし、何よりベテランの技術者が周りにたくさんいるので仕事をしていてすごく安心感があります。

ワークライフバランスは?

一言に言うとすごく充実しています。まず、1つのプロジェクトが数ヵ月単位から1年単位で、緊急で新しい案件が入ってくる事もないので、そのプロジェクトのゴールに合わせてある程度自分で自由にスケジュールを組んでいけます。ですので、残業もほとんどなく、するとしてもシステムの不具合が生じた時だけくらいです。退社した後は自分の趣味に時間を使ったり、資格の勉強をしています。

入社の決め手

ブライトキャストの前身である日本コムダックに入社する前、私は同じ技術アウトソーシング業界の会社に勤めていました。その会社には新卒で入社したのですが、約1年後にリーマンショックが起こり、会社の経営として危なくなってきたというときに紹介という形で日本コムダックに入社しました。入社した決め手を一言で言うと“安心感”です。初めは同じ業界という事で経営的に大丈夫なのかと心配していましたが、信頼関係のある会社だけと取引をしているという事と実際に当時でも仕事の依頼が安定して入っていたので心配は無くなりました。また前の会社ではまともな技術研修を受けさせてもらえずいきなり派遣先に配属になったのですが、ここではしっかりと技術研修を受けた後に配属になるという事だったので、それもすごく安心感がありました。そして何より、社長をはじめ人事担当の方も親身になって接してくれた事が一番の大きな安心材料で「この会社は人を大事にしてくれる。」と感じました。

今の仕事は?

現在、私は数年後に完成予定の次世代大型望遠鏡プロジェクトに携わっています。大型望遠鏡と言っても、その大きさはおそらく皆さんの想像を絶するほどだと思います。望遠鏡と言うよりは一つの建物や建造物と言っても過言ではありません。私が携わっているのはそのくらい大きなモノで、完成すれば月にいる1匹のホタルの光を地球から観測できるほどの性能を持つと言われているので、完成すれば、子どもと一緒に見に行ってみたいと思っています。しかし、現段階では現物の試作すら出来上がっておらず、まだこれといった達成感はないですが、そうした完成した後のワクワク感を持ちながら今は仕事をしています。仕事の内容自体は本当に0から1を生み出すような仕事で、機械の設計というよりは建築の設計に近い仕事だと思います。簡単な仕事ではないですが、自分が構想したモノを形にしていく仕事なので非常に面白いです。また職場の雰囲気は技術派遣だから…というネガティブなイメージはありません。逆に“社員”や“派遣”の前に“技術者”の集まりなので、技術がものを言う世界という感じが私にとってはやりやすい環境でもあります。

ワークライフバランスは?

非常に充実しています。残業するときもありますが、ある程度仕事の量も事前に決まっていて自分の裁量もあるので自分が早く帰りたいときは帰れますし、残業したいときは集中して残業できる環境なのでありがたいです。有給も去年は100%消化しましたし、休日は子供と遊んだりして、家族サービスもしっかりできています。

入社の決め手

一番の入社の決め手は、温かい会社の雰囲気です。私自身が文系の学部出身という事もあり、面接をする前から技術職としてやっていけるのか、そもそも何のスキルも無い私を受け入れてもらえるのだろうかと不安に感じていましたが、人事担当の方が「スキルは一からしっかり教えていくので全然問題ないよ。もし、わからない事があったら何でも聞いてきてね。」という言葉をかけて頂き、その温かい雰囲気と文系の私でもここならしっかりとスキルを身に付けられると感じ、入社を決意しました。

これからの目標

まずは分からない事はすぐに聞いて、技術力をしっかり身に付けることから始めていきたいと思います。そして出来るだけ早く会社の一員として戦力になれるよう頑張っていきたいです。初めは苦労することの方が多いかも知れないですが、数年後には「富田さんが文系出身って信じられない!」と周りの人から驚かれるくらい成長して、頼られるような存在になりたいと思っています。

後輩へのメッセージ

文系の私が手に職をつけたいと思ったキッカケはバイト先の先輩がCADを使った設計をやっていたからでした。とても憧れていた先輩だったので私も同じような技術を身に付け、モノづくりをしてみたいと思い、文系でも技術職につける会社を探していました。そこで出会ったのがブライトキャストです。就職活動では自分が何の仕事をしたいのか分からず、模索する方もいると思いますが、必ずそのヒントはみなさんの身近にあると私は思っています。しんどくなれば時には休憩して、周りを気にせず、自分のペースで活動を進めていって下さい。また、自分を飾らず、ありのままの姿で活動する事も大事です。そして、もし興味があればブライトキャストの説明会にも参加してみて下さい。みなさんにお会いできる事を楽しみにしています。

入社の決め手

私が入社を決めた一番の理由は社長の人柄です。就職活動中、自分はまだ何をしたいのか決まっておらず、漠然と「モノづくり」がしたいという気持ちだけがありました。そのことを面接の中で社長に伝えると、「今はその想いがあれば大丈夫。野村くんが一番興味のある分野をこれからゆっくり見つけていこう!」と言われ、この社長のもとならエンジニアとしても社会人としても成長出来るのではないかと感じました。また、様々な分野で仕事をしていきながら、その経験などをもとにして世の中を驚かせるような自社商品を開発していくということにも興味をもち入社を決めました。

これからの目標

今の私の目標はまず、視野を広く持ち様々な経験を積んでいくことです。そのために、苦手のものから目を逸らさずにエンジニアとしてのスキルを積んでいきたいです。また、ブライトキャストは様々な分野に携わることができるので、それだけ関わり合う人も多くなります。クライアント様との信頼関係を築くことができれば、よりよい仕事を引き受けられるチャンスも増えていくと思うのでエンジニアとしてのスキルだけではなく、コミュニケーション力も磨いていきたいです。

後輩へのメッセージ

当社はとてもアットホームで、なにより上司や先輩方との距離が近いため、なんでも言いやすい環境があると思います。面接の時から社長とお話できる機会が設けられるので、話してみてその温かさを感じてほしいです。また、モノづくりの醍醐味を味わうことができ、自分自身が作った商品が世間に出回っているのを考えたらワクワクすると思います。これから自分たちの手で誰かの何かの役に立つ商品を生み出していくので、可能性が無限大にあり、伸び代がかなりある会社だと思うのでぜひこれをみて少しでも興味を持った方は一度弊社にお越し下さい。